Woman.excite
現地レポート(8)なんば編をお届けします
皆さま、こんにちは。上映スタッフのはらだです。


今回は、上映スタッフによるゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』の現地レポート・なんば編を
お届けします。盛り上がりの様子をお楽しみください!


◆10月7日 なんばパークスシネマ(なんば) 上映スタッフ:せきぐち

都市と自然の饗宴をコンセプトに「衣・食・住」に「交」「遊」「健」「美」「知」「癒」と
いったライフスタイルを提案するなんばパークス内にあるということで、ロビー
からも落ち着いた大人の雰囲気が漂うとても素敵な映画館です。

思わず自分も洗練された女性になったようなそんな勘違い(笑)をしながらフロアを
歩いていると、ゲキ×シネ上映中のシアターに案内されてビックリ!
自動ドアが開くとそこはVIPルーム!?というような、目の覚めるような空間が
広がっているではありませんか!
そうです。ゲキ×シネはなんぱパークスシネマが誇るプレミアムシアターで上映されて
いるのです。
b0113851_15113986.jpg

入場時間になると次々とお客様がいらっしゃり、上映開始までロビーでくつろいで
いらっしゃいました。もちろん座席もゆったりしたプレミアムシートなのですが、
休憩時間や上映後もロビーでまったりできる癒しの空間で、まさにゲキ×シネ向き
ですね。

上映終了後にロビーでくつろいでいらっしゃるお客様にインタビューさせて頂いたの
ですが、ご協力いただいたみなさまありがとうございました!
ここで一部をご紹介。

「舞台はライブの臨場感があるが、ゲキ×シネはなんといっても迫力があった。
細かい表情も良く見えたし物語の雰囲気がすごく伝わってきた。
ライブじゃなくても、前売り2000円当日2500円で十分満足できる価格だと思う。」

「観終わった後ぐったり疲れるほどの充足感があった。」

またアンケートでは、「とても良かったです。福井からきた甲斐がありました」との
嬉しいお言葉も。遠くからお越しいただきましてありがとございます!

そして極めつけに、感想スペースに大きな文字で「最高!!!」の一言。
b0113851_15122641.jpg


感激を胸に映画館を後にすると、聞きなれた音楽が・・。
振り返ると、なんばパークスのグレシアコートにある大きなモニターで、予告が流れて
いるではありませんか!
ここにも大きい染様が・・。とりあえず、パシャっと1枚。
b0113851_15124778.jpg

なんばパークスにお立ち寄りの際には、チェックしてみてくださいね。
そして、是非ぜひこの機会になんばパークスシネマのプレミアムな空間でゲキ×シネを
ご堪能くださいませ!
[PR]
by oboro-no-mori | 2007-10-12 15:14 | レポート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://oboro-blog.exblog.jp/tb/7566550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nightriver at 2007-10-14 18:48 x
今日(14日)、なんばパークスで観てきました。
ゲキ×シネはアカドクロ、アオドクロに続き3回目。
オボロは舞台も松竹座で観ました。
このゲキ×シネは舞台とはまた別物だと思いますが、これはこれで舞台とは違ったよさがあります。
ゲキ×シネの一番の利点は舞台に行けなかった人が、その舞台に接することができる。ということ。
舞台を観に行ける人って限られますからね。
舞台を観て観るのもよし、舞台を知らずに観るのもまたよし。でしょう。
<< 明日からの上映スケジュールについて 公式サイトの「お客さまの声」コ... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
映像製作:イーオシバイ
配給:イーオシバイ ティ・ジョイ
舞台製作:松竹
著作:松竹 ヴィレッヂ
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - 会社概要 - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム