Woman.excite
公式サイトの「お客さまの声」コーナーを更新しました
皆さま、こんにちは。上映スタッフのはらだです。


続々とブログへのコメントありがとうございます!
臨場感溢れるレポートに「楽しみだー」の声など、毎日ワクワクしながら読んでます。
皆さんも楽しんでいただけていますか?

そして、公式サイトの「お客さまの声」コーナーに寄せられた声を本日追加で更新しました!
公開後にいただいたコメントの数々を掲載しましたので、こちらもどうぞご覧下さい。

●→お客さまの声 (ゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』公式サイト内)



引き続き、皆さまからのコメントお待ちしています。
どしどしお寄せ下さいね!
[PR]
# by oboro-no-mori | 2007-10-12 14:59 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
現地レポート(7)名古屋編をお届けします
皆さま、こんにちは。上映スタッフのはらだです。


今回は、上映スタッフによるゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』の現地レポート・名古屋編を
お届けします。盛り上がりの様子をお楽しみください!


◆10月8日 ミッドランドスクエアシネマ(名古屋) 上映スタッフ:はらだ

ゴールデンウィークのアカドクロ・アオドクロ連続上映の記憶も新しい名古屋に
行ってまいりました!当日は雨の予報だったのに新幹線で向かうにつれだんだん
晴れ間も見えてきて、なんだかちょっと良い予感。

会場は今年できたばかりの映画館「ミッドランドスクエアシネマ」。
今名古屋で最もホットな「ミッドランドスクエア」に入っています。
ミッドランドスクエアは高級ブランド店が並ぶ、ラグジュアリーな雰囲気の商業施設。
その雰囲気をそのまま残した映画館は、とても居心地のよい空間でした。

b0113851_18161330.jpg
↑リッチなオフィスのようなエントランスと、革張りのシート

館内ではばっちりゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』がアピールされてました。
b0113851_18215363.jpg


この日のミッドランドスクエアシネマは、新宿バルト9に次ぐ動員数(!)で、シアター
内はほぼ満席状態でした。そんな中、私も皆さんと一緒に楽しませて頂いたのですが、
とてもキレイな映像と迫力ある音で、前日に別の場所で全編観ているにもかかわらず、
またどっぷりとオボロを楽しんじゃいました。映画館だとついつい集中して観ちゃい
ますね。

笑いもたくさん起き、シリアスなシーンでは満席とは思えないほどの静寂となり、
クライマックスでは客席のボルテージもぐんぐん上がっていくのが肌で感じられ、
「これこそゲキ×シネの醍醐味だー」と、また改めて思ったのでした。

b0113851_18332380.jpg 終映後、ロビーでお見送り&インタ
 ビューをさせて頂いていてビックリした
 のですが、アンケートにご協力いただく
 方の多いこと、多いこと。
 机だけでは足りず、壁を使って書いて
 いただいたり、急遽コンセッション(売店)
 のカウンターを開放していただいたりと、
 あちこちにアンケートに答える人が!

ということで、お話を聞かせていただきました。

にこにこ笑顔で出口に向かわれていた年配の女性はこんなコメント頂きました。
「もう、感動です!こういうの初めてで、すごい迫力ですね。
若い方から「封切りよ」と教えていただいたので来ようと思いました。
どういうのか分からなかったけど、歌舞伎なども間近でみることができないし、
すごい迫力で感動でした。ありがとうございました。」

また奇遇にも「仕事関係の若い人に勧められたから今日来てみた」と仰る男性は
「すごく良かったです。こういうのは初めてみます。
演劇を観る機会はあんまりなく、今回のもTVの舞台中継を観るのと同じ感じかと
思っていたけど、舞台を観るよりかなり迫力があって、良い場面がよく見えたので
楽しめました。またこういうのがあったら観てみたいです。」
とのこと。

新感線ファンとおっしゃる2人組の女性は
「舞台を観たけど、席が遠くて見づらかったシーンとか表情が観られて良かったです。
あぁ、ここでこういう顔してたのかと。
DVDで観るよりも映像も音も迫力があって臨場感がありました。また違うのがあったら
観たいです。」
とのコメント頂きました。

初めての方にもファンの方にも楽しんで頂けたようで、私もとてもうれしかったです!
ご協力いただいた皆さま、ご来場の皆さま、ありがとうございました!

b0113851_18472544.jpg 館内では関連DVDも販売して
 います。私が行った時にはすでに
 在庫切れのものもあったそうですが、
 その後追加されたようですので、
 欲しいDVDがある方はぜひ映画館に
 行ってみて下さいね!
 分かりやすくPOPが一覧になって
 ますので、あれこれ見てみて下さい!

そして翌日は、今回の上映について宣伝でご協力をいただいてる中京テレビさんへ
お邪魔してきました。
最近オボロのCMがたくさん流れているようですが、皆さんご覧いただいてますか?
私も滞在中、NEWS ZERO の直前にCMを見ました。
「うわー、テレビで流れてるー。」となんか感動してしまいました。
皆さんもチェックしてみて下さいね。

↓中京テレビのご担当者です。
  SHIROH、GWのアカ・アオ連続上映でもお世話になりました。
b0113851_18544465.jpg

ということで、このブログでもたくさんコメントをいただいていて盛り上がっている名古屋
ですが、引き続きよろしくお願いいたします!
[PR]
# by oboro-no-mori | 2007-10-11 18:57 | レポート | Trackback | Comments(2)
現地レポート(6)神戸編をお届けします
皆さま、こんにちは。上映スタッフのはらだです。


今回は、上映スタッフによるゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』の現地レポート・神戸編を
お届けします。盛り上がりの様子をお楽しみください!


◆10月8日 109シネマズHAT神戸(神戸) 上映スタッフ:せきぐち

三ノ宮から阪神線で一駅、春日野道駅から10分ほどのプルメールHAT神戸内の
2Fに映画館はあります。
ここは神戸内で唯一DLPシネマや最新の音響設備を整えていまして、画質も音響も
とても素晴らしい劇場なのですが、一番驚いたのはエグゼクティブシート!
なんとリクライニング機能がついていて、自分の好きな角度に調整できるのです!
他にもペアシートもありでお一人でもカップルでもお子さんとでも楽しんでいただける
環境になっています。
上記のお席は、残念ながら一部のみなのですが、同じ料金でご利用いただけるので、
絶対こちらをご利用いただくことをオススメ致します!!

b0113851_17433253.jpg


ここで頂戴しましたコメントの一部をご紹介させていただきます。

「舞台の面白さはもちろんあるが、舞台で観れないようなアングルとか、役者さんの
表情とか映像的な加わって、面白かったです。」

「舞台も観ているが、朧の精の表情は今日初めて気付けた。映像で再発見できる
ところがたくさんあって楽しめました。」

「演劇の映像化は「こんなもんだろう(生にはかなわないし)」という思いがありましたが、
今回のゲキ×シネは全く違いました。舞台は2回見ましたが、同じように感動しました!」

他の劇場では、上映終了後は急ぎ足でお帰りになるお客様も多いのですが、神戸の
お客様は、ほぼ全員のお客様が熱心にアンケートにご記入頂いていてとても
嬉しかったです!
インタビューにも快く応じてくださいまして、みなさま本当にありがとうございました!

そしてゲキ×シネをご鑑賞いただいた後には、チケットカウンター横の物販コーナーに
お立ち寄りください!壁一面が劇団☆新感線のDVDでジャックされています(笑)

b0113851_17435649.jpg

ちなみに、映画館のスタッフ間で「アオドクロ」他、新感線のDVDの貸し借りがされて
いるそうなのですが副支配人さんが、「まだ順番が回ってこない」と残念がられて
いました。是非みなさまもいかがですか?
[PR]
# by oboro-no-mori | 2007-10-11 17:44 | レポート | Trackback | Comments(0)
Yahoo!映画のレビュー採点でオボロが1位に!
皆さま、こんにちは。上映スタッフのはらだです。


昨日皆さまに「感想よろしく!」とお願いしたら、なんと早速Yahoo!映画の
「レビュー採点」コーナーでゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』が1位に浮上してました!

●→Yahoo!映画トップ(右中段にランキングあります)/レビューランキングページ
  ※毎日更新だそうです。うれしい瞬間を目撃したい人は急いで!

スゴイ!ありがとうございます!
きっとこのブログを読んで下さっている皆さんのおかげですね!

「1位になってるけど、なんじゃこりゃ?」
と興味をもってもらって、
「ほう、面白いのか。それならちょっと行ってみるか。」
とかなったらうれしいなー。
ますます妄想が膨らんじゃいます。


ブログのコメントやレビューの内容は、スタッフ全員で読ませて頂いてます。
とても励みになりますし、参考になります。
引き続き、皆さまからのコメントやお便りお待ちしてますので、ご覧になったら、
ぜひ感想聞かせて下さいねー。

そして、レポートやアンケートの感想など、皆さまから頂いた声をこれからも
UPしていけたらと思っていますので、どうぞお楽しみに!
[PR]
# by oboro-no-mori | 2007-10-11 13:42 | スタッフ日記 | Trackback(1) | Comments(1)
現地レポート(5)新宿編をお届けします
皆さま、こんにちは。上映スタッフのはらだです。


今回は、上映スタッフによるゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』の現地レポート・新宿編を
お届けします。盛り上がりの様子をお楽しみください!
(舞台挨拶の模様は、また改めてご報告しますね)


◆10月6日 新宿バルト9(新宿) 上映スタッフ:きなみ

『朧の森に棲む鬼』上映初日に、川崎チネチッタまで行って参りまして、その足で夕方には
新宿に戻り、新宿バルト9へと向かいました。

ここ新宿バルト9では、初日の2回目の上映後と3回目の上映前に舞台挨拶があります。
私が新宿バルト9に到着したときは、2回目の2幕中でした。
ドキドキしながらお客様の様子をスタッフに尋ねると、満席という返事がきまして一安心
です。みなさん、今ごろスクリーンのライやキンタに夢中になっているのだなぁと思い
ながら上映が終わるのを待っていました。
やがてエンドロールが流れ、上映は終了。続いて舞台挨拶が始まります。

舞台挨拶については、後ほど詳しくアップしますのでお楽しみに!!

舞台挨拶が終わり、頬を紅潮させたお客様方からコメントをいただきましたので、ほんの
少しですが、ご紹介させていただきます。

皆さん、たのしんでいただけた様子で、快くコメントをおっしゃってくださいました。
ありがとうございました! その中からいくつかのコメントを発表させていただきます。

■舞台を観た時に生で味わった、花道を駆け抜ける風をまたゲキ×シネで体感で
  きました!(34歳 女性)
■舞台も観ました。舞台は迫力があり楽しい感じで終わったけど、ゲキ×シネは
  細かいところも分かって、舞台とは違うものを観ているみたいだし、迫力も凄かった。
  一粒で二度美味しい感じ。(30代 女性)
■舞台だと遠いので、役者さんの顔や表情がよく見えなかったのですが、ゲキ×シネ
  だと細かい表情までわかるのでいいですね!(女性)
■試写会で観ることができたのですが、もう一度観たくて初日に来ました。面白かった
  です。(女性)
■始発で来て並びました。舞台挨拶が思ったよりも長く時間があってすごく楽しかった。
  舞台は20回くらい観ましたが、舞台では見られないアップなどが迫力があり、
  良かった。ゲキ×シネは舞台とは異なるジャンルとして観ることができて楽しいです。
  収録日に舞台を観たのですが、ちょっとしたアクシデントがあってどうやって編集する
  のかなと思っていたら、アクシデントがわからないようになっていて凄いと思いました。
  照明などをCGで強調しているというのをテレビで見ましたが、そういった細かいことを
  何度も何度も手を入れて、このような作品になるんだなと感心しました。
  本当に新しいエンターテインメントだと思います。(女性)
■染五郎さんが凄かった。染五郎さんはテレビでしか観たことがなく、初めて舞台の
  染五郎さんを観たのですが、こんなに凄かったのかと驚きました。(女性)
■染五郎さんが歌舞伎役者らしい表情を舞台に取り入れているのが面白かった。
  舞台を映像で観るというのは、どうなのかなと思っていましたが、重要な部分に
  フォーカスが当たっているし、舞台の離れたところにいる人たちを合わせて映像に
  しているシーンなどが、ひとつのシーンとして見られるのが嬉しい。
  舞台を観た人も新しい発見があるし、ゲキ×シネしか観ていない人も舞台を観たく
  なるのではないでしょうか。ゲキ×シネは演劇に縁遠い人でも凄く楽しめると思うので、
  もっとどんどん拡げていったらいいと思います。
  ゲキ×シネを観ることで演劇への道が開くのでは?私自身も演劇は観ないのですが、
  実際に演劇も観てみたいと思いました。同時に、ゲキ×シネは演劇とはまた別で
  面白いと思いました!

他にもたくさんのお客様から「面白かった!」「迫力があった!」「細かい部分が見られて
よかった!」「悪い染五郎さんカッコイイ!」「オオキミがカッコイイ!!」などなどの
感想をおっしゃっていただきました。

すべてを掲載できなくてごめんなさい。ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

b0113851_21175862.jpg
開映前及び上映終了後には、上映スクリーンのフロアでDVDの他に、
新宿バルト9限定で、湯のみ・ストラップなどの公演時のオリジナルグッズを販売して
います。オリジナルグッズは購入する最後のチャンスです。ぜひぜひ物販コーナーを
ご利用下さいませ!
[PR]
# by oboro-no-mori | 2007-10-10 21:18 | レポート | Trackback | Comments(2)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
映像製作:イーオシバイ
配給:イーオシバイ ティ・ジョイ
舞台製作:松竹
著作:松竹 ヴィレッヂ
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - 会社概要 - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム